ペニス増大サプリは国産を選ぶべき?海外製との違いとは

国産をおすすめする理由

ペニス増大サプリは国産と海外製があり、おすすめしたいのは国産です。国産とは自国の人たちを対象にしており、体質との相性がいいのが特徴です。食べ物にも相性が存在し、和食と欧米食では内容が随分と違うでしょう。日本製のペニス増大サプリは日本人の体質を考慮して開発されています。すっぽん・にんにく・亜鉛などのおなじみの成分が豊富に含まれているのです。ペニス増大サプリは特別なサプリと思うかもしれませんが、基本的に精力剤と同じだと考えてください。

ドラッグストアや薬局などではペニス増大サプリという名称で売れないので、インターネット限定の販売となっています。ただ内容成分を見てみると、実店舗に置いてある精力剤と似ているのです。ペニス増大サプリを活用しようと思ったら、まずは国産をおすすめします。目安量を守っている以上は副作用の心配はありません。安全性に優れていますので、長期的に連用しても問題ないです。

強い作用を求めるなら海外製を

国産より海外製のペニス増大サプリのほうが実感できるという声は少なくありません。これは決して気のせいではなく、一般的に海外製は内容成分が豊富です。欧米人は体格が日本人より大きいので、成分の配合量もそれに合わせて多くなっています。一方で日本ではなじみのない成分が含まれている可能性がありますので、利用はあくまで自己責任だと考えてください。欧米人にはマッチングしても、日本人には合わない成分かもしれません。

海外製のペニス増大サプリの場合はアミノ酸が豊富に含まれたものが多いです。特にシトルリンとアルギニンは定番の成分であり、陰茎海綿体に働きかけます。陰茎海綿体の膨張率を上げることができるので、強い下半身にしたい人に最適でしょう。勃起不全の原因の多くは血行不良にありますから、サラサラを促進するためにもペニス増大サプリをおすすめします。シトルリンは血管の拡張を促進しますし、アルギニンは成長ホルモンの分泌を活性化できます。

 

まとめ

ペニス増大サプリはネット限定の精力剤であり、国産と海外製が販売されています。両者の違いは内容成分にあり、日本製と比べて海外製は内容成分が濃くて実感度が高いです。ただし海外仕様のペニス増大サプリは日本人には強すぎたり、合わなかったりする可能性があります。ガツンとしたパワーを求めるなら海外製を試すのもありですが、安全性を重視するなら国産がよいでしょう。日本人の身体と相性のよい成分で構成されているので、長期間飲み続けても安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です